マーケティングの理論や手法はこの30年間に進歩しながらも、そのベースが崩れることはありませんでした。しかし、アドバタイジングは、劇的な変化を遂げ今やコミュニケーションのあり方、消費者に到達するスピードは一変しています。
マスメディアからパーソナルへ。
パーソナルからマスマーケットへ。
Mosaicというブラウザを使って初めてインターネットにアクセスし、人々はこんな世界になることをなんとなく感じ、また、それを求め続けてきました。
インフォメーションテクノロジーの進化は、アマチュアであってもプロモーションやクリエイティブを「そこそこ」形作れるようになりました。
そんな今、個々の倫理観がより問われなければならない時であるにもかかわらず、誰もが本能の赴くまま、気軽に情報を入手そして発信が可能になりました。 そのことの危険性を顧みるよりも、誰もが使えるツールとなったインフォメーションテクノロジーそのものの手軽さに慣れ、ともすれば少し上滑りなコミュニケーションを生み出したとしても、市場も異を唱えずそれを受け入れてしまっているのではないでしょうか。
進化し成熟したこの時代にこそ、私たちマーケティングのプロフェッショナルは何をすべきかを追求しなければなりません。
進化に適応することで生き残れるのか?適応とは新しいモノに流され、身を委ね、大衆に迎合することなのか?そうではないはずです。
私たちは、プロとしてのマーケティングスキルは当然のことながら、コンセプトメイク、クリエイティブ、セールス&メディアプランニング、リスクマネジメントにとオールラウンダーとして目利きのできる人材こそが本物のマーケッターだと考えています。 STB・AD (STB Advance)はマーケティングのパートナーとして、ある時には辛口の、ある時には回りくどく見える、アプローチや戦略をご提案させていただくことがあるかもしれません。 それは、私たちが考える最善の近道だからです。
Good Partnerを目指して。先んじてまず一歩、の動き出しを大切にします。

STB・AD inc. 代表取締役 井上裕隆